カリキュラム【大学院】

自分の専攻領域を中心に学問研究に打ち込む

授業科目【大学院カリキュラム一覧】

修士課程/前期
種 別授業科目
必修科目 人間社会科学特別講義
選択必修科目 ◆大学院共通科目
 ◇持続可能な発展科目 [7科目から選択]
 ◇キャリア開発・データリテラシー科目 [8科目から選択]
◆研究科共通科目 [11科目から選択]
◆専攻共通科目 [6科目から選択]
◆プログラム専門科目
 ◇基幹領域
    人間生活教育学特別研究A
    人間生活内容学特別研究B
 ◇展開領域
  ◦学習空間デザイン科目群
  ◦カリキュラムデザイン科目群
  ◦学習材デザイン科目群
    環境・社会と学習材デザイン基礎研究(家庭)
    環境・社会と学習材デザイン発展研究(家庭)
    科学・文化と学習材デザイン基礎研究(家庭)
    科学・文化と学習材デザイン発展研究(家庭)
    社会・生活と学習材デザイン基礎研究(家庭)
    社会・生活と学習材デザイン発展研究(家庭)
    創造性と学習材デザイン基礎研究(家庭)
    創造性と学習材デザイン発展研究(家庭)
    生活・科学と学習材デザイン基礎研究(家庭)
    生活・科学と学習材デザイン発展研究(家庭)
  ◦教育支援専門職デザイン科目群
選択科目 他プログラム専門科目
教師教育デザイン学プログラム専門科目または他プログラム専門科目
修士課程/後期
種 別授業科目
選択必修科目 ◆大学院共通科目
 ◇持続可能な発展科目 [3科目から選択]
 ◇キャリア開発・データリテラシー科目 [9科目から選択]
◆研究科共通科目 [2科目から選択]
必修科目 ◆プログラム専門科目
  特別研究
取得できる資格

人間生活教育学専修において所定の単位を修得することにより、下記の免許を得ることができます。

  • 中学校教諭専修免許状(家庭)
  • 高等学校教諭専修免許状(家庭)

※: 専修免許状を得るには、一種免許状が必要です。

論文題目の紹介

過去の修士論文題目の一覧
論文題目氏 名修了年
加齢性疾患の原因となるアミロイド形成を抑制する食品機能成分に関する研究谷本暁2019年
ニコチンアミドの抗老化作用とその作用機構杉本紗羅2019年
青年期の子どもの大学・学部選択に関する日中比較研究
-自己決定と親や教師など外部要因の影響に着目して-
金燕2019年
中国における小学生を対象とした食生活教育に関する研究
-民間プログラムとしての「食育推進計画」の指導成果に着目して-
張暁領2018年
日中の大学生における家庭生活に関わる安全意識の比較研究
-学校における安全教育の意義と課題-
黄美玲2018年
女子の第二次性徴に関わる下着教育に関する研究
-ブラジャー装着の指導に着目して-
庄莉莉2017年
家庭科教員養成における生活実践力育成に関する研究
-生活ポートフォリオを用いた学習の成果と課題-
内藤祐輔2017年
日中の大学生および幼稚園教諭の就学前教育に対する意識に関する比較研究宋雲2017年
食育に対する親の意識と保育所の食事場面における幼児の行動との関連朝原頌子2017年
食品機能成分の抗老化効果及び作用機構に関する研究
-アミロイド形成との関連に着目して-
奥田真友美2017年
化粧による顔の印象の変化に関する研究末岡奈々2017年
家庭科の衣生活・住生活学習に対する中学生と教師との認識の差異に関する研究東睦美2016年
女性の生活時間配分の中日比較関錦銘2015年
家庭科教員養成における教科観の構築
-家庭科・社会科および理科の相互理解を通して-
森千晴2015年
静止画像を用いた織物の視覚特性評価法に関する研究彭飛燕2014年
母親の子育て観と子どもの生活技能習得との関係に関する研究梶山曜子2014年
「社会人基礎力」育成を図る高等学校家庭科専門教育における題材開発
ー生徒と教師の実態調査にみる課題に着目してー
京極周子2014年
中学校及び高等学校家庭科における着装学習の在り方に関する研究
ー被服と自己の表出との関係性―
下窪美咲2014年
高等学校家庭科における社会形成能力を育成するカリキュラムの開発
ー地域の教育資源の活用を通してー
段吉真由美2013年
現代中国におけるパーリンホゥの消費者行動に関する研究
ー企業の勤労者についてー
夏侯卓群2013年
生体内酸化ストレス防御システムに作用する食品機能成分の新規機能に関する研究柴田紗知 2013年
日本の既婚男性サラリーマンの定年退職と老後趙乃欣2012年
大学生の住居環境が生活行動に与える影響に関する研究齋藤友貴2012年
祖母による子育て支援に関する研究
ー中国朝鮮族居住地域と日本の比較調査からー
金蓮花2012年
高等学校家庭科における食生活の価値意識を高める題材開発
ー食事に関する意思決定能力の育成を目指してー
河田百合子2012年
住まい形態パターンが未婚男女の家族観に与える影響に関する研究宰務志穂2011年
中日の女子大学生の自己概念が化粧行動に与える影響周超群2011年
中国における大学生のクレジットカード教育に関する研究張鴻澤2011年
幼稚園自由遊び場面における幼児の仲間関係の発達
ー年中児クラスにおける進級児と新入園児の対人距離調整行動を指標としてー
花岡加奈2011年
血管及びリンパ系細胞に作用する食品機能成分に関する研究安保千尋2011年
中学校家庭分野の家庭と家族関係におけるセルフ・エスティームを育む授業に関する研究原田友美2010年
日本の家庭における性別役割分業観が結婚満足度に与える影響周笑吟2010年
自己評価活動を取り入れた高等学校家庭科食生活学習の効果と課題に関する研究賀屋友香梨2010年
栄養教諭による食育指導に関する研究
ー小学校栄養教諭の食育指導への意識と実態に関する調査を通してー
沖本久恵2010年
現代社会の職場におけるワーク・ライフ・バランスに関する研究久門なみ2009年
「ことばによる応答理論」を導入したふれあい体験学習の開発に関する研究木下裕子2009年
高等学校家庭科における多重債務に陥らないための金銭管理教育田中由美子2009年
幼稚園登園時の母親の対児行動と自由遊び場面における幼児の対人行動松浦あずさ2009年
高等学校家庭科における生活主体を育成する評価法に関する研究
-自己の生活の振り返りを促す授業設計を通して-
小桝由美2009年
子育て期における母親の友人ネットワークが与える育児サポートに関する研究高瀬智子2008年
日本産米を用いた米麺の性質に関する研究
ー品種やその配合が及ぼす影響ー
高嶋郁子2008年
私立山中高等女学校の成立と教育内容に関する研究西畑有希子2008年
高等学校家庭科における高齢者理解についての授業構築に関する研究富岡律子2007年
Web3D技術の被服教育への応用に関する研究石春子2006年
家庭科における国際理解教育に関する研究重光良美2006年
親の養育態度が親子関係および家庭教育に与える影響に関する研究
ートーマス・ゴードンの養育態度の類型を基にー
都築あゆみ2006年
家庭科の実践的・体験的学習における学びに関する研究
ー調理実習および布を用いた製作実習の活動過程の分析を通してー
一色玲子2006年
高等学校家庭科における自立能力育成に関する研究
ー生活を営む力と人とかかわる力に着目してー
島本美幸2006年
過去の博士論文題目の一覧
論文題目氏 名修了年
老齢疾患に対する食品・栄養成分の予防効果と作用機構の解明柴田紗知2016年
母親の対児行動と子どもの対人行動との関連 −幼稚園登園場面の縦断的観察を通して−権田あずさ2013年
障害のある児童生徒の主養育者に与える学校休業日の影響に関する研究遠藤理恵2009年
家族間ケアの実態をふまえた家庭科におけるケアリング教育の開発貴志倫子2008年
抗栄養物質レクチンおよびシュウ酸の機能性と食情報に関する研究萱島知子2006年
トップへ戻る

Copyright (C) 2015 Hiroshima-univ.Human Life Sciences Education. All rights reserved.   当HPの文章の無断引用・転載、画像の無断I使用は禁止です。